top of page
  • hirohiroharahara08

眼精疲労の鍼灸治療



こんにちは、HIRO鍼灸院の服田浩希(ハラダヒロキ)です。

今日は、眼精疲労の鍼治療について書こうと思います。


当院には目のかすみ、ぼやけ、急激な視力低下、複視、眼瞼下垂、まぶたの痙攣など様々な目の症状でお困りの方が来院されています。鍼治療はこの様な症状にとても有効な治療方法ですが、一般的にはあまり知られていません。

もしこの様な症状をお持ちの方がいましたら、この記事を読んで参考にしていただけたらと思います。


目次

1、眼精疲労とは

2、眼科での治療方法

3、当院での治療方法


1、眼精疲労とは



目の使用(特にパソコンやスマホ)によって目に疲労が溜まり、様々な症状が発症します。

目のかすみ、まぶしく感じる、目の痛み、ドライアイ、その他頭痛や吐き気、肩首のこりなどの症状を伴う場合が多く見られます。

ピントを合わせるのに使う毛様体筋、眼球を動かす動眼筋、開閉眼を行う眼輪筋など目の機能には様々な筋肉が使われます。これらの筋肉が使いすぎなどによって疲労し、様々な症状を発症させます。


2、眼科での治療方法




⑴適切なメガネやコンタクトの処方

⑵筋肉の緊張をほぐす点眼薬、ビタミン点眼薬などの処方



3、当院での治療方法

当院では、目の症状に関連する筋肉のコリを徹底的に鍼で取り除くことによって症状の改善を促す治療を行なっております。


最近ではVDT(Visual Display Terminals)症候群と呼ばれ、パソコンやディスプレイを使った作業によって目や身体、心にまで影響が出ると言われています。目の周りの筋肉のコリはもちろん、首や肩の筋肉のコリまで治療を行うことによって症状は改善していくケースが多いと臨床の中で感じています。


以下は当院で実際に行なっている鍼治療の風景です。




この様な感じで、患者様の症状に合わせて鍼治療を行なっていきます。

もし眼精疲労でお困りの方がいましたら、改善方法の1つとして鍼治療をご検討されてはいかがでしょうか?




閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【ルート治療を行う上で予めご了承いただきたい体の理論、起こりうる体の反応】

※ ご了承、ご理解いただけない内容がある場合は治療をお断りします。 ●当院で使用する鍼 27番鍼(当院で最も太い鍼) 23番鍼 20番鍼(当院では中くらい) 18番鍼 15番鍼(当院では細め) です。特別な刺鍼技術を用いて、太い鍼の割には比較的痛くなく治療することができます。 患者さんにお選びいただけますが、お任せであれば基本的にはこちらの判断で最善の刺激量を決定させていただきます。患者さんの痛が

【頭、オデコルート(裏ルート治療、空ルート治療)の効能まとめ】

どの効果が出るかは人によって違いますし、変化に気付けない人もいます。 頭痛や薄毛、頭皮の痒み乾燥などに対しても勿論効果絶対なので、直接的な効果については除外しています。 1  自分の人生において正しい方向、目的に進もうとし始める。 2  周りの環境が強制的に正しい方向に向かわせようとし始める。夢が叶いやすくなる。 3  視点が変わり気付けなかった自分の本当の感情に気付き始める。その反動で、今までの

コメント


bottom of page