​当院紹介

   院長    服田 浩希 (はらだ ひろき)

Director   Hiroki Harada

こんにちは、院長の服田浩希(はらだ ひろき/HIRO)です。

このたびの熊本大震災によって被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

大学を卒業後数年間をオーストラリア、アメリカ、カリブ海などで鍼灸師として過ごし、今年地元熊本にて開業させていただく運びとなりました。海外で得た臨床経験と技術を生かして、お世話になった熊本に恩返ししたいと考えています。

​経歴

九州学院中学・高校卒業

九州看護福祉大学鍼灸スポーツ学科卒業

massage king in Sydney Australia(オーストラリアのシドニー) 勤務

Stainer 勤務(豪華客船上にて鍼灸治療を行う)

この写真の船に乗ってカリブ海を回りながら、外国人の患者さんに鍼灸治療をしていました。

​保持資格

厚生労働省認定 はり師きゅう師国家資格

日本体育協会公認 アスレティックトレーナー

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団認定 健康運動指導士

日本赤十字社 救急処置法認定員

​鍼灸治療

始原東洋医学(自然治癒力を向上させることによってさまざまな症状を改善させる治療方法です)

​なぜ鍼灸師を目指したのか?

​中学・高校と九州学院で陸上競技(長距離)をやっていました。しかしケガが多くなかなか思うような結果を残せていませんでした。高校2年生の終わりからマネージャーとしてチームの”高校駅伝全国優勝”という目標に向けて取り組むようになりました。その時期に選手ではできないたくさんの経験をさせていただき、人を支える仕事をしたいと考えるようになりました。そのような時期に知り合いのマッサージの先生から鍼灸について教えていただき、玉名にある鍼灸大学(九州看護福祉大学)の説明会に連れて行ってもらいました。そこで鍼灸師やスポーツトレーナーの先生方とお話しさせてもらい、鍼灸師という仕事に興味を持ちました。

私が思う鍼灸治療の魅力

最近では人工知能(AI)が世間では騒がれています。過去の膨大なデータをもとに様々なことを分析する能力を使って近い将来、多くの職業がこのAIに変わるだろうと言われています。そこで鍼灸治療について少し考えてみると、私は鍼灸師という職種はAIには変わることはできないと考えています。それは、鍼灸治療は人対人でしか成り立たない医療だからです。

鍼灸治療は約3000年前から中国で、約1000年前から日本で行われてきた伝統ある医療です。約3000年前、その時代にMRIやCTスキャン、血液検査といった検査方法はあったでしょうか。あるはずがありません。しかしその時代の人たちは様々な体の情報をキャッチして治療を行っていました。「手当て」という救護の意味である日本語がありますが、この言葉もそこからきているのだと思います。鍼灸治療は人間が人間から受け取ることができるさまざまな情報を用いて治療を行う医療行為です。受け取ることができる情報には五感で受け取れるものから、五感では受け取ることができないものまでありとあらゆる情報が存在します。「人間の感覚」という最も高度な能力を用いて疾病・疾患を治す医療技術が鍼灸治療です。

技術・文明が急速に発展している今だからこそ、私が思う鍼灸治療の魅力をみなさまに伝えたいと思っています。

趣味

読書

年間約150〜200冊程の本を読みます。よく読む作家さんは伊集院静さん、五木寛之さん、西加奈子さん

などです。小説以外にもさまざまなジャンルの本を読みます。おすすめの本や作家さんなどがあれば、

ぜひ教えてください!

ランニング

高校時代は九州学院で駅伝をやっていました。今でも趣味程度ですがランニングをしています。

旅行

国内外問わず、旅行が大好きです。特に神社が好きです。外国は今まで約20カ国ほどの国に行きました。

​院内紹介

待合室
リラックスしてお待ち下さい。
施術室
当院は完全予約制で個室のため、リラックスして施術を受けていただけます。
患者着
当院では施術用の洋服をご用意させていただいております。肌の露出も最小限に抑えられ、お灸の匂いが洋服につくようなこともございません。
問診票
初めて来院される方は、施術前に問診票の記入をお願いします。
はり
当院で使用するはりは、完全滅菌の使い捨てタイプです。髪の毛より細く、痛みはございません。ご安心ください。
お灸
当院で使用するお灸はにおいがフルーティーで煙が少ないため、洋服やお身体にお灸のにおいが染み付くようなことはございません。
もっと見る

​ルート鍼治療

住所​ 熊本市中央区桜町1-25 桜町ハイム403号室

​お電話 096-285-9187